三浦博司公式ホームページ


■2015年選挙公約(議員マニフェスト)■

三浦博司の公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約



■はじめに■

少子高齢化社会が進み、いよいよ人口減少社会の時代に突入しています。 人口減少社会とは、親の介護と我が子の子育てが重なり、同時進行していく社会に他なりません。 現役世代の負担感が益々、重くなる中、現役世代への公的支援の強化を急がなければ、社会がもたなくなっていくでしょう。

■約束します!6つの柱を中心に市議会で働きます!

市民福祉が充実し、がんばる人が報われ、安心と幸せの土台がしっかりした住み続けたい八戸市をつくります。

こども

① 子育てに優しい環境、日本一をめざす
行政と市民が協働して、子育て家庭を支え、子どもを育てる喜びが実感できるような社会が生まれることを目指します。
社会全体で子どもの学びを支え、子どもたちの目が輝き、親が安心して働ける環境を八戸につくります。
子どもたちの目が輝き、親が安心して働ける環境を八戸につくります。
○出産費用や予防接種、保育料、幼児教育費、医療費、学校教育費の負担を軽減する議会活動を約束します。
○スクール・ソーシャルワーカーの導入を拡大し、教育福祉が充実する議会活動を約束します。



しごと

② 産業の活性化と働く場所づくり
 農林水産業・商業・工業・労働環境を改善し、八戸地域の経済を活性化させていきます。




【くらし】

③ 福祉×歴史文化×芸術×観光×ICTの利活用
八戸に住んでよかった!八戸に住みたい!と実感できる八戸市を作ります。
暮らしを向上するため、ICTを利活用し、そして、福祉の充実をはじめ、歴史文化、芸術、観光を絡めた相乗効果の高い、まちづくりをめざします! 


④ 【広域連携のリーダーとして成長し、姿勢発展につなげる】

いま八戸市は中核市の移行を急いでいます。
都市の規模をランクアップさせて、八戸圏域のリーダー都市になることで、十分な政策財源を確保し、八戸市の発展につなげていきます。

⑤【 市議会の活性化なくして、市政の発展なし】

2期目の選挙公約で約束した「議会基本条例」の制定ですが、約束の実現となりました。
ですが、運用しながら、より市民に開かれた市議会となっていくためにも改善していかなければ意味がないと思っています。
市議会が、行政の提案を追認するだけの存在とならないように、行政と市議会が車の両輪のように、しっかりと市政発展につなげていくような、真の議会改革に努めていきます。

⑥ 【震災復興と災害に強いまちづくり】

東日本大震災で、八戸市も甚大な被害を受けました。私たちは、この時の教訓を、決して忘れてはいけません。
いま、10年計画で進められている八戸市復興計画も5年目に入りました。復旧から再生そして、震災前よりも発展した創造的復興につなげていきます。
そして、様々な自然災害に対応できる防災体制を、行政と地域住民が手を取り合い、作っていきます。



■2011年選挙公約(議員マニフェスト)■

三浦博司の公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約 三浦博司公約



【しごと】

◆1◆地元企業を支える
 八戸市には、「中小企業融資制度」があります。市内の金融機関に一定の資金を預けて、中小企業者の事業に必要な資金を融資する制度です。

 この制度を利用しやすくして、地場企業の元気を促進させます。

 中でも『小口特別保証制度(事業資金1,000万円以内)』『近代化特別保証制度(事業資金2,000万円以内)』『小口零細企業保証制度』の3つを利用しやすく改善します。

▽詳しくはこちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33061079.html


◆2◆地産地消で農林水産業を支える
 地域で生産されたものを地域で消費する。

 地産地消の推進は、生産者と消費者、事業者の信頼関係を構築しながら、市民が地元で出来たものを愛用することにより、地域や市民を「元気」にします。

 その地元の産業が活性化され、地域経済が元気になるからです。

 それは、地元の雇用の増加につもつながります。 

▽詳しくはこちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33061676.html


◆3◆環境と雇用の両立
 花と緑に囲まれた住宅街の美しい景観づくりは、地域力の向上につながるだけでなく、子ども達の情操教育にも良い効果があります。

 また、エネルギーを火力や原子力に頼りきることなく、太陽光や水力、風力などの自然エネルギーを活用していく必要性が高まっています。

 自然エネルギーの活用が、利益を出し雇用が生まれる産業として成り立たせていくことが長期的なエネルギーの安心で安定な供給にもつながると考えています。

▽詳しくはこちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33062511.html



【こども】

◆4◆子育てを支える
 今の社会は、核家族化や少子高齢化の進行などにより、人と人のつながりが薄れ、地域社会で子どもを温かく見守る力が弱まってきています。

 また、共働きの家庭が増え、ひとり親(母子・父子)家庭も珍しくありません。地域全体で子育てを支える仕組みづくりが急がれています。

 そこで、行政として、子育てを支える総合的な計画を策定して、市民が協働して、子育て家庭を支え、子どもを育てる喜びが実感できるような社会が生まれることを目指します。

▽詳しくはこちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33063341.html


◆5◆子どもの学びを支える
 今の社会は、核家族化や少子高齢化の進行などにより、人と人のつながりが薄れ、地域社会で子どもを温かく見守る力が弱まってきています。

 また、共働きの家庭が増え、ひとり親(母子・父子)家庭も珍しくありません。

 そのため、どうしても家庭での養育や教育をする力が弱まり、最悪の場合には児童虐待につながるなど、子どもが心身ともに健やかに育つ環境が失われつつあります。

 社会全体で子どもの学びを支える協働の必要性が改めて求められています。

 子どもたちの目が輝き、親が安心して働ける環境を八戸につくります。

▽詳しくはこちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33063700.html



【くらし】

◆6◆障がい者の就労と作業所を支える
 「あれもこれも」公的に支援しきれない現代。

 市民と協働でまちづくりをおこなっていく取り組みが行われています。

 アメリカ大統領だったジョン・F・ケネディの名言「祖国があなたのために何ができるかを問うより、あなたが祖国のために何を行うことができるか問うてほしい。」ではありませんが、まるで「自治体があなたのために何ができるかを問うより、あなたが自治体のために何を行うことができるのか問うてほしい。」というような、より成熟した民主主義社会に向けて、いま、私たちは挑戦しています。
 
 そう考えますと、福祉分野の公的な支援は、とても大事になります。

 行政の経営資源をどのように配分していけば良いのか、福祉分野への予算措置のあり方が問われています。

▽詳しくはこちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33067286.html


◆7◆地域介護と健康増進の両立
 日本は、長生きできる社会。長生きできる社会を生きがいを持って豊かに過ごすことがとても、大切です。笑顔で年齢を重ね続けられる社会を目指します。

 そのためにも、自分の健康は自分で守るセルフメディケーションを行政でも積極的にサポートします。

▽詳しくはこちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33067199.html


◆8◆歴史・文化で地域づくり
 八戸市の市民活動や芸術文化活動・芸能活動の活発さ、市民的な厚みは県内随一で、全国的にも高く評価されています。

 これは、お金に現れない、私たちの大切な財産です。

 市民の夢をはぐくみ、高齢社会をより心豊かなものにしていくためにも、『安藤昌益』『羽仁もと子』『三浦哲郎』など地域の社会活動や文化の蓄積を尊重し、市民活動・文化活動のセンスと成果を、まちづくりのコンセプト(基本構想)に活かします。

▽詳しくはこちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33066253.html


◆9◆下水道浄化槽の負担改善
 八戸市は、公共下水道事業の整備方針で、平成20年度から平成24年度までの5年間で、公共下水道の普及率を平成19年度末の『50.6%から55%以上』とする目標達成に向けて取り組んでいます。

 これにより、新たに約15,000人が下水道を使用できるようになります。

 そして、全体計画区域内が、おおむね『30年以内』に下水道を使用できるように、また、生活環境と川や海などの水環境も改善されるよう、下水道整備を促進しています。

▽詳しくはこちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33065058.html

【市議会を変える】
◆話し合う広場として、議会と市民をつなぐ『議会基本条例』をつくる

▽くわしくは、こちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33061219.html

【行政を変える】
◆八戸の『自治基本(まちづくり)条例』を充実・強化する

▽くわしくは、こちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33061607.html

【復興支援に全力】
◆ハマ(漁業、水産加工業)の復興支援

◆臨海工業の復興支援

◆被災者の生活再建支援

【防災力の強化】
◆COOP(コンティニュイティ・オブ・オペレーション・プラン:クープ:行政の業務継続計画)の早期策定

◆災害時要援護者のリストの充実と活用方法の改善

◆ガソリンなど燃料の確保と備蓄の実施
▽くわしくは、こちらをご覧ください▽
http://blogs.yahoo.co.jp/miurahiroshi28/33061652.html



【議員活動の記録】

1期目の選挙公約(PDFファイル589KB)

市長選挙マニフェスト(PDFファイル1,720KB)

ご意見・ご要望等がございましたら、下のお問い合わせページからどうぞ。

お問い合わせページボタン

COPYRIGHT © 三浦ひろし ALL RIGHTS RESERVED.